2014年07月21日

お勧めの音楽:「Stan Getz & Bill Evans」

■お勧めの音楽:「Stan Getz & Bill Evans」

寝苦しい夜はクールなジャズを。

「Stan Getz & Bill Evans」
   ↓
https://www.youtube.com/watch?v=fl6aEZ47AVs


哀愁のサックスのスタン・ゲッツと頭脳派ピアニストのビル・エバンスの演奏。

これ以上、無い、というほど夏の夜に似合う。



★「Stan Getz & Bill Evans」(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000476E/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「Stan Getz & Bill Evans」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/mjft8qj



posted by ホーライ at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

お勧めの音楽:「ジャズ・スタンダード・バイブル2 ~セッションをもっと楽しむ不朽の227曲」

■お勧めの音楽:「ジャズ・スタンダード・バイブル2 ~セッションをもっと楽しむ不朽の227曲」

ジャズをもっと楽しむために。(ちょっと玄人向け)

もちろん本作も国内屈指のジャズ・プレイヤー納浩一氏が全227曲を編纂。

メロディやコード進行は、現在最も使われているものを採用しました。

●「AS TIME GOES BY」
 ↓
https://www.youtube.com/watch?v=d22CiKMPpaY

●Body And Soul
   ↓
https://www.youtube.com/watch?v=yC4P4B2kl4Q


セッションの肝となるコ―ドネームは、出来るだけ大きく掲載しましたので
演奏時に一目で理解できます。

また、付属のCDにはバリエーションに富んだ有名曲22曲の、テーマ演奏と
マイナスワンを収録。

納氏の所属するEQが極上の演奏を披露してくれました。本書を傍らに、ジャズをもっともっと楽しんで下さい!



★「ジャズ・スタンダード・バイブル2 ~セッションをもっと楽しむ不朽の227曲」(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4845621894/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「ジャズ・スタンダード・バイブル2 ~セッションをもっと楽しむ不朽の227曲」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/pzazson


posted by ホーライ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

■お勧めの音楽:「ザ・トリオ」オスカー・ピーターソン

■お勧めの音楽:「ザ・トリオ」オスカー・ピーターソン

僕が初めて買ったジャズのアルバムがこれ。

オスカー・ピーターソンはジャズピアニスト。
   ↓
https://www.youtube.com/watch?v=Dyip9jykZ7o


実にピアノとドラムとベースの息がピッタリなのだ。

誰も出しゃばらない。

でも、しっかりと主張している。

ジャズって難しくない? というジャズ入門者にピッタリ!

読書や仕事のBGMにも最高です。




★「ザ・トリオ」オスカー・ピーターソン (アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004QEF7EK/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「ザ・トリオ」オスカー・ピーターソン(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/p4rv65q


posted by ホーライ at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月16日

お勧めの音楽:「JAZZで聴くニューミュージック」

■お勧めの音楽:「JAZZで聴くニューミュージック」

ジャズ入門編としてお勧めなのは、まず1つにジャズのスタンダード(名曲)を聴くという方法と、よく知っているポップスのジャズバージョンを聴くという2つの方法がある。

いつもの曲がジャズになると、どのように「ずれる」のか、というのが楽しみです。

ここから、ジャズにはまる人が多いですね。


★「JAZZで聴くニューミュージック」 (アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007G8BA8/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「JAZZで聴くニューミュージック」 (楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/qfefujl


posted by ホーライ at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

お勧めの音楽:「We Get Requests」オスカー・ピーターソン

■お勧めの音楽:「We Get Requests」オスカー・ピーターソン


雑誌でピアノトリオのベスト10をやれば必ず顔を出すアルバムです。

ひとくちにピアノトリオといってもその個性、魅力は千差万別なのですが、選曲が(イパネマの娘とか)スタンダード中心であること。

演奏が洗練されておりかつ、すべての曲のアベレージが高いこと録音が素晴らしいこと。(JAZZフアンのオーディオチェック用の定番としても有名)

などから初心者入門用の定番でもあります。


オスカー・ピーターソンといえば小曽根誠さんがこの人の演奏をライブで聴いてジャズピアノをやることを決意したというのは結構有名ですよね。

20年以上愛聴してきた私が一番魅力を感じるのはむずむずと思わず足でリズムをとりたくなる心地よいスイング感でしょうか?

ピアノトリオの名盤数あれど、ミディアムテンポの曲をこんなに気持ちよくスイングさせてくれるトリオはそうは多くないです。

このスイング感を作り出しているのはベースとドラム。

特にこのアルバムのベース(レイ・ブラウン)は大好きです。

名盤というと居住(いず)まいを正してでないと聴けないようなものも多い中リラックスして水割りの一杯でもやりながら聴くのにうってつけの一枚です。



★「We Get Requests」 (アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000AXZCUU/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「We Get Requests」 (楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/n5xhyjj
posted by ホーライ at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

■お勧めの音楽:「ベスト・ジャズ100 プレミアム」

■お勧めの音楽:「ベスト・ジャズ100 プレミアム」

ジャズアルバムの決定版!

ディープなジャズファンから、ジャズ入門者まで、おすすめの1枚。

日本で一番売れてるジャズ・コンピに最強盤が登場。

ジャズを聴くならこの100曲から、

6枚のCDです。

■Disc 1 ロマンティック・ジャズ・ヴォーカル 「ミスティ」等

■Disc 2 スイート・ジャズ・ヴォーカル  「フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン」等

■Disc3 ジャズ・ピアノ  「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」等

■Disc4 シネマ・ジャズ  「シング・シング・シング」等

■Disc5 リラックス・ジャズ   「イパネマの娘」等

■Disc6 ジャズ・バラッド  「想い出のサンフランシス」等



シリーズ初、高音質CD(HQCD)で登場!


【HQCDとは・・・】

HQCDは通常のCDよりもグレードの高い、液晶パネルに用いられるポリカーボネートを
ディスク基盤材料に使用し、従来のアルミニウムに換えて特殊合金を反射膜に採用した、
高音質の音楽用CD。

もちろん従来のCDプレーヤーやカーオーディオで再生可能。

従来までのCDと聴き比べれば、限りなくマスターに近い素晴らしいサウンドがわかります。

最高のミュージシャンによる最高の演奏を、高品質・高音質CDで楽しむことが出来ます!


最近の僕の通勤の友です。


★「ベスト・ジャズ100 プレミアム」(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001CRGTNM/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「ベスト・ジャズ100 プレミアム」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/ohkozf2


posted by ホーライ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

■お勧めの音楽:チェット・ベイカー「マイファニーバレンタイン」

■お勧めの音楽:チェット・ベイカー「マイファニーバレンタイン」

チェット・ベイカーはウエストコースト・ジャズの代表的トランペット奏者であり、ヴォーカリストでもある。

またその中性的なヴォーカルも人気があり、1954年にレコーディングされた『Chet Baker Sings』の
「My Funny Valentine」はチェットの代表曲の1つであり、同楽曲の代表的カヴァーの1つでもある。

このチェットの歌い方にジョアン・ジルベルトがインスパイアされ、ボサノヴァ誕生の一因となったと言われている。
  ↓
https://www.youtube.com/watch?v=jvXywhJpOKs


素敵な音楽に男性も女性もない。

チェット・ベイカーの代表作として多くの人が真っ先にあげるのが本作。
トランペッターだったチェットが歌うようになったのは50年代はじめのこと。
そして歌手としての名声を確立したのが本作だった。

曲はおなじみのスタンダードばかり。

しかしチェットが歌うと、そこに独特の世界が広がり、聴く者はついついその世界に引き込まれてしまう。
そういう意味では、チェットの歌と演奏には麻薬的な魅力が潜んでいる。

ジャズ・ヴォーカルにありがちな大胆なフェイクは行なわず、メロディをストレートに
歌い上げるスタイルはいたってシンプル、それでいて味わい深い。

まるで耳元で囁くようなソフトな感触の歌声はチェットの専売特許といっていい。

いまでは笑い話だが、当時チェットの歌を聴いた人は、女性が歌っていると誤解したりしたものだ。

中性的と形容されるアンニュイな歌声、その歌声とリリカルなトランペットのハーモニーが絶妙だ。

チェット・ベイカーを聴くなら、なにはさておき本作から。


★「Sings」チェット・ベイカー(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000005GW2/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「Sings」チェット・ベイカー(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/l3kseoq


●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
posted by ホーライ at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

■お勧めの音楽:DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 2nd Dish~

■お勧めの音楽:DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 2nd Dish~

最近、はまっています。JUJUの「Take Five」
    ↓
https://www.youtube.com/watch?v=f2JaTGPvtwQ

以前、このメルマガでも紹介したジャズの名曲「Take Five」。

2011年リリースのJUJU初のJAZZアルバム「DELICIOUS」。

JAZZアルバム史上初のオリコントップ5にランクインなどの大ヒットを記録した。

待望のJAZZアルバム第2作となる本作は、JAZZの不朽のスタンダードナンバー曲に加えてオリジナル曲2曲を収録。

松尾潔氏 総合プロデュースの元、島健氏・菊地成孔氏をサウンドプロデューサーに迎えた超豪華版!

アートワークは、前作に引き続きJUJUも大好きなキャラクターSNOOPY (PEANUTS)とのコラボレーションが実現。

JUJUファン・JAZZファンのみならず、初めてJAZZに触れる人も虜にする、芳醇なJAZZアルバムが登場! !


★「DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 2nd Dish~」(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00CMYWHJY/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「DELICIOUS ~JUJU's JAZZ 2nd Dish~」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/kh2a24p


posted by ホーライ at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

■お勧めの音楽:カウント・ベイシー「Straight Ahead」

■お勧めの音楽:カウント・ベイシー「Straight Ahead」

暑い日は、せめて気分だけでもクールに。

ということで、今日はクールジャズのご紹介です。

カウント・ベイシー「Straight Ahead」
    ↓
https://www.youtube.com/watch?v=jKYaup0zKl4


Straight Ahead -

タイトル曲を始めとして収録されている曲のいずれもが、アマチュアビッグバンドのバイブルとなっている。


休日の朝から楽しめるジャズです。

ちなみにカウント・ベイシー オーケストラのようなジャズバンドを「ビッグバンド」と呼びます。


★カウント・ベイシー「Straight Ahead」(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000006R85/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★カウント・ベイシー「Straight Ahead」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/m36x7qx


posted by ホーライ at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

■お勧めの音楽:「THIS IS JAZZ ベスト・アンド・グレイテスト」

■お勧めの音楽:「THIS IS JAZZ ベスト・アンド・グレイテスト」

たとえばこんな曲が入っているアルバムです。
  ↓
「モーニン」
  ↓
https://www.youtube.com/watch?v=--BuSHoPZqA


ほかにもこんな曲が。
  ↓
「Waltz For Debby」
  ↓
https://www.youtube.com/watch?v=dH3GSrCmzC8


ジャズなんて今まで聴いたことがないという人に。

ジャズは難しいにちがいないと思っている人に。

どうして、人はジャズが好きなのか?

どうして、人はジャズを聴くのか?


その答えが、このアルバムにあります。

ジャズ入門として、最適です。

何も考えずに、この音の中に体と心を浸してみてください。

きっと、明日から、あなたもジャズファンに。



★「THIS IS JAZZ ベスト・アンド・グレイテスト」(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B001J8NRP2/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「THIS IS JAZZ ベスト・アンド・グレイテスト」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/crdvds3


posted by ホーライ at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

お勧めのジャズ:「Waltz for Debby」ビル・エバンス トリオ

■クールなジャズならこれ!「Waltz for Debby」ビル・エバンス トリオ
       ↓
https://www.youtube.com/watch?v=W3wq7ejawIA

ビル・エバンス トリオの演奏。

語り尽くされた感すらあるジャズの名盤中の名盤。

ジャズ初心者からベテランリスナーまで、多くの人の心を惹きつけて止まないピアノトリオの傑作だ。

ロマンティックで詩的といわれるエバンスらしい選曲、分り易くも奥の深い演奏。

40年以上前のものとは思えない録音の音質、印象的で洒落たジャケットデザイン。

名門「ビレッジ・バンガード」のざわついた雰囲気、ベーシスト・ラファロの録音の数日後事故死という物語性…


世の中にいい演奏、いいCDは沢山あるが、本当に名盤となる要素を兼ね備えたものはそう多くはない。

この"Walts for Debb"はその要素を全て兼ね備えた、エバンスの作品の中でも傑出した一枚といっていい。

このCDを聞く度にこうした音楽に出会えたことを誰かに感謝したい気持ちになる。

このアルバムは輸入盤なので1000円を切る。

それで、この極上の音楽を聴くことができる。

いい時代になったもんです。

      
★「Waltz for Debby」(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000000YBQ/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「Waltz for Debby」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/beuuxku



posted by ホーライ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

★都会派ジャズの名盤!「Night Lights」ジェリー・マリガン

★都会派ジャズの名盤!「Night Lights」ジェリー・マリガン
   ↓
http://www.youtube.com/watch?v=2-43n9p9Wm4

あなたが、アラスカに住んでいようが、TOKYOに住んでいようが、新潟に住んでいようが、このアルバムを聴けば、一瞬にして、マンハッタン。

スローなジャズ。バラードなジャズ。

BGMに最適だが、BGMで終わらない。

美しい音楽なので、ジャズ初心者でも大丈夫。


★「Night Lights」ジェリー・マリガン
    ↓(アマゾン)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000046PU/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「Night Lights」ジェリー・マリガン
    ↓(楽天)
http://tinyurl.com/c4farvq




●最新の医療ニュースのまとめ
http://medical-news.seesaa.net/

●日刊GCPメルマガはこちらから登録
http://www.mag2.com/m/0001423050.html

●週刊モニターとCRCのためのGCPメルマガはこちらから登録
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

●ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

●モニターへの道
http://monitorhenomichi.web.fc2.com/index.html

●ホーライ製薬のfacebook
http://www.facebook.com/Horaiseiyaku

●ホーライのツイッター
http://twitter.com/horai_japan

●塚田 淳彦 (ホーライ) facebook
http://www.facebook.com/atsuhiko.tsukada

●ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net/
posted by ホーライ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

秋におすすめのジャズ★至上の愛/ジョン・コルトレーン

マッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソン、エルヴィン・ジョーンズを伴ったコルトレーンのカルテットを、「黄金のカルテット」と呼ぶ。

その「黄金のカルテット」が演奏したアルバムがこれだ。

この作品を聴かずにはモダン・ジャズは語れないとまでされ,ジョン・コルトレーンの最高傑作と評される1枚。

『スイングジャーナル』誌選定ゴールドディスクにも輝いている名盤中の名盤。

『至上の愛』と言う「重くてカッコイイ魂の入った」ジャズを聴きたいひとにおすすめです。


 至上の愛 / ジョン・コルトレーン




至上の愛





誰でも好きになるクラシック音楽入門

おすすめジャズ、今から好きになるジャズ入門


posted by ホーライ at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月22日

『不機嫌なジーン』おすすめのジャズ入門■ラヴァーズ・コンチェルト/サラ・ヴォーン・ベスト

ジャズ・ヴォーカルの女王、サラ・ヴォーンがエマーシー/マーキュリーに残した膨大な音源から厳選されたベスト・アルバム。

タイトル曲はフジテレビ系『不機嫌なジーン』の劇中歌としてドラマで使用されたことで、一躍、日本全国に彼女の名前を知らしめた。

オペラ歌手にも匹敵する幅広い声域と豊かな声量、大胆なフェイクやスキャットを取り入れた歌唱力を持ち味とし、ジャズ・ボーカル史上ビリー・ホリデイ、エラ・フィッツジェラルドと並ぶ偉大な歌手の一人と言われている。

ソプラノからコントラルトまで幅広いレンジに、美しいヴィブラートを持つのが彼女の魅力だ。

ジャズが好きな方でも少々苦手な方でも素晴らしいスタンダードアルバムとしていつまでも大切にしていただける作品。
ムーンリバーにしてイエスタディーにしても、完全にサラワールド。

泣けるぜ!

ラヴァーズ・コンチェルト/サラ・ヴォーン・ベスト




ラヴァーズ・コンチェルト/サラ・ヴォーン・ベスト




ジャズはおろか、ポップスも含めて、あらゆるスタンダードを歌ってくれている。


1. ラヴァーズ・コンチェルト
2. イエスタデイ
3. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
4. いそしぎ
5. ミスティ
6. シャレード
7. ムーン・リヴァー
8. 酒とバラの日々
9. 想い出のサンフランシスコ
10. イパネマの少年
11. ラヴ
12. マイ・ファニー・ヴァレンタイン
13. オール・オブ・ミー
14. A列車で行こう
15. ウィロウ・ウィープ・フォー・ミー
16. 捧ぐるは愛のみ
17. テンダリー
18. バードランドの子守唄
19. スターダスト
20. ジャイヴ・サンバ




アマゾンのジャズ・フュージョン

誰でも好きになるクラシック音楽入門

おすすめジャズ、今から好きになるジャズ入門

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

今週のお勧め音楽ブログ

カテゴリー別お勧め音楽「ホーライ・音楽ショップ2.0」

音楽が無ければ始まらない


posted by ホーライ at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

秋におすすめのジャズ★Moanin'(モーニン)/Art Blakey & The Jazz Messengers

ジャズファンなら誰もが口ずさんだといわれるアート・ブレイキーの代表的名盤。

モダンジャズ史上最強のひとつに挙げられるイントロで始まる『モーニン』。

ファンキージャズといえばまず真っ先に思い浮かべるのが『モーニン』だろう。

ボビー・ティモンズのペンによるこの曲は、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界中でヒットした。

モダンジャズ黄金時代を象徴する名曲で、日本におけるジャズブームの火つけ役ともなった。

この曲は幾度となく演奏されているが、最良のヴァージョンはやはりここに収められた最初の録音だ。


「夜のジャズ」が聴きたかったら、このアルバムです。

アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの最高傑作です。

Moanin'(モーニン)/アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ




Moanin'(モーニン)/アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ





posted by ホーライ at 18:59| Comment(0) | TrackBack(2) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

極上の「Ballads」で眠る

ジョン・コルトレーンがおくるジャズ・バラードの名盤。

ジョン・コルトレーン(John Coltrane、1926年9月23日 - 1967年7月17日)は、アメリカノースカロライナ州生まれのモダンジャズのサックス奏者。

テナーサックスをメインとするが、活動の最初期はアルトサックス、1960年代よりソプラノサックス、最晩年にはフルートの演奏も残した。


チャーリー・パーカー(as)亡き後、ソニー・ロリンズ(ts)と並ぶジャズ・サックスの巨人。

モダンジャズのテナーサックス演奏では、コルトレーンの影響下に無いものがいないという状況が長く続いた。



このアルバムでは心のこもったジョン・コルトレーンのサックスを聴くことができる。

もちろん、他のアルバムでも心はこもっているのだが、これはバラードなので、それが際立っている。

疲れ果てた夜に、このアルバムを聴くと、ゆったりと眠りにつける。

それは、きっと、ジョン・コルトレーンが何も要求しない、何も考えさせない、ひたすら歌うサックスに徹しているからだろう。

そういう意味から「ジャズは分からない」と思っている方にも、是非、お奨めしたいアルバムと言える。


極上のバラードは後世に永遠と語り継がれる、そういう性質があるのだ、ということを納得させるジャズ・バラードの金字塔だ。


ジョン・コルトレーン「Ballads」




ジョン・コルトレーン「Ballads」






【音楽】

誰でも好きになるクラシック音楽入門

今から好きになるジャズ入門

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

今週のお勧め音楽ブログ

カテゴリー別お勧め音楽「ホーライ・音楽ショップ2.0」

音楽が無ければ始まらない

posted by ホーライ at 20:22| Comment(0) | TrackBack(2) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月09日

ジャズの神様の別格のアルバム『カインド・オブ・ブルー/マイルス・デイヴィス』

全世界で累計1000万枚を売り上げているジャズの名盤中の名盤(多分、ジャズとしては世界一の売り上げだ)。
このアルバムで今日のメイン・ストリームにまで通じるモードという奏法が確立された。

エヴァンスとコルトレーンという2人の巨人が参加している(これだけでも、このアルバムを購入する理由になる)。

1959年作品ということだが、これ以来音楽業界は一体何をしていたのだろうと思うほど、新鮮で、今日のどのアルバムより新しい。

ジャズを聴くなら、この1枚は絶対に外せない。


カインド・オブ・ブルー +1 / マイルス・デイヴィス




カインド・オブ・ブルー+1





【総合情報、ショッピング】

アマゾンと楽天とドン・キホーテを連携したショッピングプラザ「ホーライ屋」

きっとあなたのネットライルが充実するホーライの厳選情報&ショッピングモール

ネットショップを横断する「ホーライ総合ショッピングモール」

ホーライ総合情報・サービスショップ(本店)

ホーライのお奨めビジネスグッズ・ビジネスツール・ビジネス情報(本店)
  

【仕事のノウハウ】

仕事の達人になる方法

仕事のコツ(上級編)

3秒で分かるビジネススキル


【本・ブック】

分野別お奨め図書「ホーライブックセンター2.0」

新入社員に読ませたい本100冊 新入社員にお薦めの本100冊

より良く、より楽しく生きるためのお薦め本、人生を豊かにする本

お勧めビジネス本。仕事に役立つ本

科学入門図書

治験関係者に役立つ本


【音楽】

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

カテゴリー別お勧め音楽「ホーライ・音楽ショップ2.0」

今週のお勧め音楽ブログ


【映画】

ホーライのお勧め映画 500円で人生をエンジョイしよう!

今週のお薦め映画(金曜日の夜はこれで過ごす)


【有名人・無名人語録】

1日1言、今週の2言



posted by ホーライ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(2) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

僕の『処女航海/ハービー・ハンコック』

新しいヨットで海に出たが、台風に遭遇し、自然界において自分がちっぽけな存在であることを知る。
それでも生き延びることができたのは、まさしく適者生存に違いないだろう。
そして最後は穏やかな海でイルカがダンスをしている光景を目にして終わる。
そこに見えてくるのは決して密閉された空間での熱ではなく、水平線の彼方まで連れて行ってくれる風であり、無限に広がる音の広がりだ。

そんなエナジーを秘めた音の道標に導かれ、爽やかな光のようなメロディが進んでゆく冒頭の「MAIDEN VOYAGE」を聴いたら、誰しもが今作のロマンに引き込まれるだろう(今作はその後スタンダード化された曲ばかり)。

・・・・・・という「海」にまつわるコンセプトのジャズの名盤。
生と死を司る海という未知で荒々しく、そこへ向かう人間の、しなやかさやちっぽけさには、しかし常に勇気が刻まれており、文明と自然との格闘の物語のようにさえ、聞こえうる作品だ。

ドラム、サックス、トランペット、そしてベースにピアノ。
ベストな組み合わせとベストなプレーヤー。

これからのウットオシイ梅雨から夏にかけて、お奨めの音楽です。
朝よりも夜に聴きたい。


処女航海




処女航海






きっとあなたのネットライルが充実するホーライの厳選情報&ショッピングモール
英語の勉強(TOEIC対策)から、ペットのいる暮らし、資産運用、日用雑貨、旅行・出張に役立つ情報など厳選された情報等が満載。
そのリンク数は500件以上! あなたのネットライフがきっと充実するはず。

音楽が無ければ始まらない

posted by ホーライ at 15:31| Comment(0) | TrackBack(1) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

▼ジャズの名盤入門

▼ジャズの名盤入門

BGM代わりに聴くだけでは気づかない、名盤ならではの魅力とは何か。

スリリングな怒涛のライヴからリリカルなピアノトリオまで、今なお刺激的な必聴盤50枚を厳選したディスクガイド。

「ジャズには名曲はない。あるのは名演奏だけだ。」


ジャズの名盤入門




ジャズの名盤入門






▼超ブルーノート入門―ジャズの究極・1500番台のすすめ

ジャズの歴史に燦然と輝くブルーノート・レーベル。

アルフレッド・ライオンが設立したブルーノートに匹敵するレーベルは、今なお出現していない。

ブルーノートは、ジャズの最良の入り口であると同時に、最終到達点でもあるのだ。

なかでも、レコード番号・1500番台のアルバムには名作が揃い、ジャズがもっとも熱かった時代の息吹が感じられる。

それぞれのアルバムを追いながら、ブルーノートの美学と変わらぬ魅力を伝える。


超ブルーノート入門




超ブルーノート入門―ジャズの究極・1500番台のすすめ






あなたのネットライフを充実させる・ホーライの情報&ショッピングモール「音楽ファン用特設会場」


お奨め音楽とお薦め音楽とおすすめ音楽

音楽が無ければ始まらない

心地よさの先にある「ホーライ・音楽ショップ」

極める!「ホーライ・ブックセンター」

posted by ホーライ at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

たそがれのヴェニス(MJQ)


ピアノ、ヴィブラフォン、ベース、ドラムが渾然一体となったMJQ(モダン・ジャズ・カルテット)の名盤中の名盤だ。
僕は幸運にも、MJQのコンサートを実家のある新潟で行ったことがある。
それはもう「クールな炎」です。

夜とお酒と煙草が似合うジャズの本道がここにある。


 たそがれのヴェニス [初回限定生産] / ザ・モダン・ジャズ・カルテット




たそがれのヴェニス






きっとあなたのネットライルが充実するホーライの厳選情報&ショッピングモール
英語の勉強(TOEIC対策)から、ペットのいる暮らし、資産運用、日用雑貨、旅行・出張に役立つ情報など厳選された情報等が満載。
そのリンク数は500件以上! あなたのネットライフがきっと充実するはず。

音楽が無ければ始まらない

今週のお勧め音楽ブログ



posted by ホーライ at 13:21| Comment(0) | TrackBack(3) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。