2005年03月13日

『ポートレイト』 スタン・ゲッツ




白人テナーの最高峰として根強い人気を誇るスタン・ゲッツが,70年代初頭,スイスのモントルー・ジャズ祭に出演した際のライヴ盤。

ちなみに、ある年、このモントルーで『ヨーロッパ更年期障害学会』が有り、僕は幸運にも、そのジャズ祭の恩恵に預かることができた。

共演には当時人気のチック・コリアらが参加。

村上春樹の本を読む時に、丁度いいBGMになります。



posted by ホーライ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。