2006年01月15日

永遠のスクリーンミュージック


映画は映像に生命を吹き込む。音楽は記憶に息を吹き込む。

音楽はそれを聞いた時代の風と匂いと切なさを思い出させてくる。



1.ホール・ニュー・ワールド(アラジン)
2.アンチェインド・メロディ(ゴースト~ニューヨークの幻)
3.マイ・ガール
4.巴里の屋根の下
5.時の過ぎゆくまま(カサブランカ)
6.慕情
7.ベニスの夏の日(旅情)
8.男と女
9.みじかくも美しく燃え
10.愛と青春の旅だち
11.星に願いを(ピノキオ)
12.ムーン・グロウ(ピクニック)
13.魅惑のワルツ(昼下がりの情事)
14.恋よさよなら(アパートの鍵貸します)
15.アル・ディ・ラ(恋愛専科)
16.いそしぎ
17.アーサーのテーマ(ミスター・アーサー)
18.タラのテーマ(風と共に去りぬ)

posted by ホーライ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。