2005年12月07日

とてつもないギターリスト

21世紀に入って、とてつもないギターリストが現れた。

押尾コータロー。

彼のCDを初めて聴くと、バンドで演奏しているんだと思うことだろう。

ところが、一人で演奏している。

ベース、パーカッション、メロディー、これら全てを彼はたった1本のアコースティックギターで演奏している。

DVDなどで演奏風景を見ると分かるのだが、彼は左手の指でもメロディーを奏でている。(とんでもないテクニックだ!)


これまでのギターの演奏方法を根底から覆す彼の出現によって、新しいギター演奏の地平線が開拓された。

美しい音楽。まるでギターが生きているかのようだ。


こういう、今までの常識を覆してくれる人を見ると、わくわくするぞ! 



【CD】押尾コータロー /Be HAPPY <2004/6/23>

【CD】押尾コータロー /Be HAPPY <2004/6/23>


posted by ホーライ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。