2014年08月10日

お勧めの音楽:斉藤哲夫「グッド・タイム・ミュージック」

■お勧めの音楽:斉藤哲夫「グッド・タイム・ミュージック」

とにかく、僕の音楽の世界を一変させたアルバム。

特にアルバムタイトルにもなっている「グッド・タイム・ミュージック」は凄い!!

こんなポップで哲学的な音楽を作る日本人がいたのか!と驚いた。
    ↓
https://www.youtube.com/watch?v=FkXDlf808VY



もともと、斉藤哲夫はデビュー当時から「歌う哲学者」等と呼ばれていた。

「バイバイ グッドバイ サラバイ」という歌もいい。
    ↓
https://www.youtube.com/watch?v=Mr9mq9RTX38

世間一般的には「いまのキミはピカピカに光って」が有名だけどね。




★斉藤哲夫「グッド・タイム・ミュージック」(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000HBK1F6/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★斉藤哲夫「グッド・タイム・ミュージック」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/ket7wme


posted by ホーライ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | フォークソング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

お勧めのクラシック音楽:ホルスト:組曲「惑星」

■お勧めのクラシック音楽:ホルスト:組曲「惑星」

「木星」以外もいいもんだよ。たとえば、この「火星」
    ↓
https://www.youtube.com/watch?v=FbYi5L5LVyI


大管弦楽のための組曲『惑星』(わくせい、The Planets)作品32は、イギリスの作曲家グスターヴ・ホルストの作曲した代表的な管弦楽曲である。

この組曲は7つの楽章から成り、それぞれにローマ神話に登場する神々にも相当する惑星の名が付けられている。


ホルストの代表曲として、ホルスト自身の名前以上に知られており、近代管弦楽曲の中で最も人気のある曲の1つである。

イギリスの管弦楽曲を代表する曲であるとも言えるが、むしろイギリス音楽とは意識されず、その枠を超えて親しまれている曲である。


★「ホルスト:組曲「惑星」」(アマゾン)
    ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0053MFE4W/horaihonoyomu-22/ref=nosim/


★「ホルスト:組曲「惑星」」(楽天)
    ↓
http://tinyurl.com/k2d8drn


posted by ホーライ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。